« お客様がわんさかやってくるホームページの作成技術 | トップページ

顧問先が喜ぶ有効なアドバイスとは何か

顧問先が喜ぶ有効なアドバイスとは何か
 いつもゴルフばっかりやっていて会社が、
今どんな事になっているのかわかっていない。
そんな...
「タコ社長」には、
「きちんと試算表見てください」
「経営分析したらたいへんなことになってますよ」
というアドバイスは有効です。
しかし、ある程度きちんとやっている社長には、この手のアドバイスは不要
というか無意味なんですね。なぜなら、商売を長くやっているんですから、
売上状況だけで、自分の会社が、どんなことになっているのか、なんとなく
わかっているんです。
なのに、「きちんと経営してください!」
なんてしつこく言われると
「うるさいな。わかっているんだよそんなこと!
       だったらどうしたらいいんだよ。」
                  ということになるわけです。
しかし会計事務所の職員の方は...
「それは社長が考えることです!」ちゃんちゃん。
 試算表にしても経営分析にしてもキャッシュフロー計算書にしても、結局は
「利益が無いですよ。お金が少なくなってますよ。」
この2点だけなんですね。
様々な角度から、どう分析してもこの2点がダメならみんなダメなんですね。
それを方向を変えて言っているだけ。
いつもえばっている社長がへこむのを見て、自分はなんて良いアドバイスを
したんだ。と職員は「悦に入る」わけです。
会計、経理をきちんとやっていないから、こうなるんだ。
そうでしょうか?
違いますよね?
会計、経理をきちんとやると会社は伸びるのでしょうか。
 もしそうなら、経理をきちんとやっている会計のエキスパート、経営の
プロである「会計事務所」は、みんなすごく大きくなっているはずですよね。
なってないですよね。
ところが、むしろ縮小している会計事務所もある。
縮小している会計事務所は、会計経理をきちんとやっていなかったのでしょうか?
経営計画を立てたらよかったのでしょうか?
会計・経理をきちんとやる=会社が伸びる
というのは違うんですよね。
みなさんも実は気づいていらっしゃいますよね。
では、どんなアドバイスが有効なのでしょうか。
会社が良い時、悪いときでは、やはりアドバイスが変わってきます。
例えば、会社の売り上げが、下がっていたり、赤字なってしまっている社長に、
経営計画をやりましょう。というのは、全く無意味です。そんな時間がある
ならば、もっと利益を増やすために、社長の時間を利益がアップするために
使うべきです。
社長は、会社の中でナンバーワンの営業マンなんですから。
「きちんと経営してください!」
なんて事を言うぐらいなら
「社長、もっと儲かること、利益の高い仕事をやりましょう」
「今からお客さんの所に行って仕事をもらってきましょうよ」
こういうアドバイスの方がずっと有効です。
では会計事務所として何をやってあげられるのでしょうか。
それは、社長が喜ぶことです。
社長が喜ぶ資料を作ってあげましょう。
社長が喜ぶ資料は、試算表でも経営分析表でもありません。
社長は...
・商品別の売上データを持っていますか。
・商品別の売上グラフを作っているでしょうか。
・顧客別の売上グラフは持ってますか。
・移動平均で、商品別の売上グラフを作っていますか。
・売れているのはどの地域ですか?
・買っているのは、男ですか女ですか?子供ですか?
儲かっていない会社の多くは、自社商品の販売分析が、大抵いい加減です。
儲かっていない顧問先は何も考えず、漫然と、商品を売っている
会社が多い気がします。
めんどくさいですよね。
定型化できませんし。
顧問先の販売管理のデータをもらわないと作れませんし。

これは会社がやることだよね。
ええ、その通りです。本来ならば。
でも、それを言ったら出納帳だって、試算表だって、元帳だって
そもそも会社がやることですよね。
でもできない。
だから会計事務所が手伝ってあげる。
またコンサルティングをするにしても、どの商品がどう売れているのか
販売形態がどうなっているのかわからなければ、アドバイスもできませんよね。
やりたいことだけやるというのは、顧客満足ではありませんよね。
もっと普通に考えてみたらよろしいじゃないですか。
_____________________________________________________
おいしいと言われている。有名なレストランに行きました。
シェフが自慢の料理を披露!
食べると...
「あれっ、おいしくないぞ」
しかしシェフは自慢げなので、しかたなく言います。
「さすが一流レストラン!おいしいですね」
_____________________________________________________
会計事務所自慢のサービスを押しつけていませんか。
これは顧客満足ではなくて自己満足。
普通の会社が普通に喜ぶ事をやる。
これが顧客満足につながるのではないでしょうか。
またアドバイスは、経営者レベルにあったアドバイスでなければなりません。
普通、会社に入るには面接試験を突破しなければなりません。また課長や
部長などへ昇進するためには、上司が評価しなければなりませんよね。
つまり会社に勤めるということは、誰かから常に選ばれているわけです。
しかし、社長だけは違います。
書類をそろえて登記すれば誰でもなれます。
しかも今や資本金など殆どなくてもできるわけです。
ですから、とんでもないレベルの人、名前が書けるようなレベルの人でも
社長になってしまう時代になりました。
逆に、飛びっきり頭がよく、能力も高い。
でもお金がなくて、今までは会社を作れなかった。
というような、すごいレベルの社長も出現してきました。
ですから、アドバイスもその人にわかる言葉でなければなりません。
小学生に出納帳をつけよう。とか借方貸方を教える。というのは、なかなか
難しいと思います。やはり、お小遣い帳つけましょうという所から始めなけ
れば、ならないでしょう。

今年の正月に神社へお詣りに行きました。その時、神社に30歳ぐらいの
茶髪の人がいました。その人は、周りにいる若い人たちから「社長」と呼
ばれていました。
茶髪社長はみんなに聞きました。
「この矢みたいなのは何だろう。みんな知ってるか?」
社員は誰も知りませんでした。
そこで茶髪社長は「あの従業員に聞いてみよう。」
と聞きに行きました。
わからないことを聞くことは非常に重要です。
ただ「破魔矢」くらいのことは知らないと...。
また従業員ではなく、「御子」さんですよね。
人として知らなければならない事が欠落しているしている人たちもいるわけ
ですから、アドバイスは「人によって変える」ということを職員の方にも
きちんと伝えておかなければなりません。
そうでないと、いくら良いアドバイスをしても、社長にとっては、何を言って
いるのか、さっぱりわからない?ということになってしまうでしょう。

|

« お客様がわんさかやってくるホームページの作成技術 | トップページ

会計事務所マーケティング」カテゴリの記事