« 信用の最終形はブランド | トップページ | 言うことを聞かない職員 »

本は自ら読まなければ身に付かない

私は前著で本を読んで、知識をつけるべきだとお話ししました。

先生の事務所でも職員の方が率先して本を読むという習慣をつけていただきたいと思っています。では、先生が気に入った本を職員に無理矢理、読ませれば良いかというとそういうわけではありません。本というものは、自らが読もうと思って読まない限り、身につかないからです。

ですから、この本と決めずに、職員が読みたい本を読ませることが重要です。どんな本でも読めば必ずレベルアップします。私の会社でも本は何を買ってもいいことになっています。もちろんその本代は会社で負担しています。お金がないから本が買えませんという言い訳を防ぐためです。

先生の事務所でも、こうした形で実践されてはいかがでしょうか。そして、何回も何回も職員に本を読め、本を読めと言い続けることが必要です。また、事務所の職員評価に本を読むという項目を入れても良いと思います。本を読まない人の評価を低くすれば、いやでも本を読まなければなりません。

|

« 信用の最終形はブランド | トップページ | 言うことを聞かない職員 »

会計事務所マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/316834/23689284

この記事へのトラックバック一覧です: 本は自ら読まなければ身に付かない:

« 信用の最終形はブランド | トップページ | 言うことを聞かない職員 »