« 顧問先満足について | トップページ | おかげさまで本が売れています »

作業を仕事へ

職員に「これやっといて」というのは、どこの事務所でもよく見る光景です。

コピーとって、コレ送って
こういう「身体を使う」ことは、何も問題はありません。

しかし、これ集計してね。とか
この文書をまとめておいて。
チラシをこんな感じで作って。

こういう頭で何かしら考える物については、必ず理由や意味を伝える必要があります。意味をわからないでやる行動は「仕事」ではなく、たんなる「作業」です。作業には意味はありません。宛名書きという作業なら、もくもくと宛名を書けばよいわけです。

「作業」をずっとやらせれば作業自体のスキルは上がります。
でも「仕事」のスキルは上がりません。

たとえば新しいサービスの案内を送るとしますと...

なぜ案内を送るのか、案内を送ることにより送付された人に、
どういう行動を取ってもらいたいのか。こういう「仕事」をやらせない
限り、作業が終わればそれで終わりです。

次の指示を待つ。ということになります。

仕事はいくつもの作業の集合体です。
仕事のスキルが上がらないと言うことは、作業と作業のつなぎ目がわかりません。
新しい発想もありません。改善もありません。

ですから、なぜその作業を行わなければならないのかがわからないので、
いちいち全てを何回も何回も伝える必要がでてきます。

会計事務所内の
「えーっ そういう意味じゃなかったのにぃ」
みたいな会話は、作業指示しかしないから来るわけです。

|

« 顧問先満足について | トップページ | おかげさまで本が売れています »

会計事務所マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/316834/21926028

この記事へのトラックバック一覧です: 作業を仕事へ:

« 顧問先満足について | トップページ | おかげさまで本が売れています »